旅行

旅行記:シンガポール5日目(帰路につく)

投稿日:2017-09-06 更新日:

シンガポール最終日は移動のみ・・・

恐らく、ほとんどの方は復路の飛行機は午前中発の便に搭乗予定だと思います。早い便だと、6時台発もあるようなので、最終日の朝は大変です。
前日にできる限りの準備を済ませておきましょう。

移動手段

チャンギ空港まで移動手段はほぼ二択になるかと思います。

  • タクシー
    往路と同様、いつでも、どこでも乗れる交通機関です。
    市街地からは30S$程度なので、予算に余裕があればこちらを選択か。
    また、8時台よりも前に出発する便であれば、こちらの選択肢しかないかも。
  • MRT
    安く行ける交通手段。ホテルの立地に次第では最良の交通手段になりうる。

今回、我々の便は9:25発なのである程度時間はありそう。
宿泊先の『Vホテルラベンダー(V Hotel Lavender)』の下には、ラベンダー駅(Lavender)がある。且つ、チャンギ空港は、ラベンダー駅からMRT東西線で1本で行けるような路線図なので、MRTで決定。

※ちなみに、ラベンダー駅からチャンギ空港駅までは、2.60S$

ラベンダー駅の始発時間(First Train Time of Lavender)

■写真

■テキスト

Train Destination First Train Last Train
Monday to Saturday Sunday and Public Holiday Daily
EW33 Tuas Link 5:52 6:18 23:47
EW1 Pasir Ris 6:05 6:33 24:16
CG2 *Changi Airport 6:05 6:33 23:28
*transfer at EW4/CG Tanah Merah Interchange

注意点

上記のラベンダー駅の始発電車の写真をよく見ると悩むこともなかったのですが、現地では気が付きませんでした。

ラベンダー駅から6:05発の電車には乗りますが、この電車では直接チャンギ空港へは行けません。1回の乗り換えが必要です。

■写真
※こちらはマーライオンパークの最寄り駅のラッフルズ・プレイス駅(RAFFLES PLACE)で撮った写真です。

ラベンダー駅から7個目のタナ・メラ(Tanah Merah)で乗り換えが必要です。

降りたホームの向かい側からチャンギ空港行きの電車に乗れます。
乗客のほとんどが空港方面に行くようで、その流れにのること & 案内には「③Changi Airport」と表示されているので迷うことはないと思います。

あとは登場する航空会社のターミナルを確認して、必要があればターミナルを移動してチェックイン。

ここまでくれば、あとは早起きで寝てしまって乗り遅れないように気を付ければOK。

朝早いと出国前に開いているお店は数えるほどでしたが、出国手続き後の免税店エリアは数多くのお店が開いていました。

特に空港内で用事がなければ、早々に免税店エリアに行ってしまうのもアリだと思います。

では、お気をつけて~。

-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夏休み計画:候補地を絞る

夏季休暇の計画を立てる。 9月上旬に夏季休暇を取得する予定です。 特にどこにも行かずに家でまったりするだけなら何も考えずにいられるのですが、家族はどうもどこかに行こうとしている模様。しかも海外旅行も含 …

旅行記:シンガポール4日目(短時間で異文化体験)

短時間に異文化を体験 シンガポールには数多くの人種が住んでいます。 その人たちが集まり観光地としても興味深い街が存在しています。 チャイナタウン(Chinatown)最寄り駅:チャイナタウン駅(MRT …

旅行記:シンガポール2日目(定番コース)

シンガポール2日目 1日目は空港内で時間がかかったので、マリーナベイサンズのナイトショーに間に合わず。本日からがシンガポール旅行の本番。 シンガポールの象徴『マーライオン(Merlion)』に会いに行 …

no image

長野県阿智村のナイトツアーは天候不良で断念・・・御殿場プレミアムアウトレットに行き先変更

結局、予定していた長野県阿智村のナイトツアーは行かなかった。 天気予報だと、“曇り時々雨“。 ナイトツアーの時間帯である、19時~20時頃の予報は“曇り&#8220 …

ゼロハリバートンスーツケースを修理

今年の夏休みのため 今年の夏季休暇で、家族から海外旅行案を提案されています。 (去年は燃料サーチャージがゼロだったから海外旅行に行くことを提案してたのに、家のことをするとかでどこにも行かなかったくせに …