旅行

旅行プラン:シンガポール編

投稿日:2017-08-12 更新日:

『シンガポール』の旅行計画をたてる。

日本からのフライトは約7時間。
夕方、深夜出発のフライトプランが多い。

費用は、時期にもよるが、4~15万円程度。
今回の予算は、8万円として探す予定です。

どんな国?

赤道の少し北に位置し、マレー半島の先端に浮かぶ小さな島がシンガポールです。マレーシアの南に位置していて、マレーシアからは橋を渡って入国もできるらしい。

国土面積は東京23区と同じくらいの大きさ。

9月中旬には、F1シンガポールGPが開催されるため、世界中から観光客が多くなる時期と言えるので、この時期の観光旅行は避けたほうが無難かも。

■時差

日本より1時間遅れ。※サマータイムは未導入。

■言語

英語、北京語、マレー語、タミル語が公用語。

■通貨

シンガポールドル(S$)とセント(¢)
1S$=100¢=約82円 ※2017年7月現在

両替は、現地チャンギ国際空港が一般的。

現地でのクレジットカードキャッシングがお得になることもある。

シンガポールは少額からクレジットカードが使えます。現金を多く持ち歩くよりは、可能な限りクレジットカードで支払いを済ませるのが安心。

■チップ

基本的にチップは不要。(サービス税が導入されている。)
タクシーの料金も運賃にサービス料が加算された金額が請求される。

ホテルのベルボーイなどに特別なお願いをした際には、S$1~2程度のチップを渡すとスマート。

■飲料水

水道水の飲料は可能。

■電圧

230V,50Hz。3つ又プラグ(B3・BFタイプ)なので、日本の電化製品を使用する際には、変圧器コンセント変換プラグが必要。

■インターネット環境

海外用の定額データ通信サービスなどに加入していない場合は、高額請求になるため注意が必要。

常時接続でなくてよければ、空港やMRT駅、博物館、ホテル、ショッピングセンターなどで無料Wi-Fiが使用できる。また、シンガポール政府が提供している「Wireless@SG」というフリーWi-Fiがあり、チャンギ空港のインフォメーションカウンターで使用したい旨を伝えると、ユーザーIDとパスワードを発行してくれる。

常時接続したい場合は、海外向けレンタルWi-Fiを使用するのもあり。

■治安

世界的に見ても犯罪の少ない国のため比較的安全。

ただし、どこの国でも同じですが、あからさまな旅行者などはスリや置き引きの対象となる可能性がある。外国にいることを忘れず気を抜かないようにしましょう。

気候は?

赤道のほぼ真下にあり、年間を通して日中の温度は30度前後。
湿度も80%以上の常夏の熱帯気候。日焼け止め、帽子、サングラスなど日差し対策が必要。

降水量は、10~3月が雨季で多めで、4~9月が乾季で少なめ。
乾季でも当然のスコールは当たり前なので、晴雨兼用傘の携帯がベスト。

どんな観光地がある?

  • マーライオン
    シンガポールの象徴の1つ。実は1体ではなく5体いるとか。全員に会いに行くのも楽しみ。
  • マリーナ・ベイ・サンズ
    泊まる以外にも、展望台やショッピング、ナイトショーなどで楽しむことができます。
  • ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
    言わずと知れた、USS(?)。日本未上陸のアトラクションもあり、1度行ってみる価値はあり。
  • 3大動物園
    • シンガポール動物園
    • リバーサファリ
    • ナイトサファリ
  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
  • シンガポール植物園
  • 2大美術館
    • シンガポール・ピナコテーク・ド・パリ
    • ナショナル・ギャラリー・シンガポール
  • ホーカーズ
    飲食店や屋台が集まった活気あふれるグルメスポット。
    ローカルフードが一堂に揃っているため、現地の味を経験したい人はおススメです。
    ※席は自由席で、食べ終わった食器もそのままでOK。
  • シンガポール・フライヤー
  • セントーサ島
  • チャイナタウン
  • リトルインディア
  • アラブストリート
  • ビンタン島

どんな食べ物がある?

  • 海南チキンライス
    鶏がらスープで炊いたご飯と蒸し鶏を好みのソースで味付けしていただく。しっとりとして柔らかい鶏は絶品。
  • チリクラブ
    カニを丸ごと茹でピリ辛のチリソースを絡めて味わう豪快料理。食べ応えも十分。
  • ラクサ
    エビのだしとココナッツミルクがベースのクリーミーなスープ。面が太くエビや貝などがトッピングされている。
  • バクテー
    ぶつ切りの骨付き豚肉をにんにくや漢方と一緒に煮込んだ料理。朝食メニューの定番でご飯や中華風揚げパンといただく。
  • プラナカン料理
    チリなどのスパイスやココナッツミルクなどによる繊細な味付けで、濃厚な味わいの煮込み料理が多い。
  • フレッシュフルーツ

どんなお土産がある?

  • マーライオングッズ
  • プラナカン雑貨
  • お菓子
    • パイナップルクッキー
    • ドライマンゴー
  • レトルト食品
    • ラクサのインスタント麺
    • チリクラブラーメン
    • チキンライス用ペースト
    • ラクサ用ペースト

どんな交通機関がある?

MRT

簡単で安いシンガポールのメイン交通手段
スタンダートチケットは6回までの乗車に使えるカードタイプで、乗車の度に料金をチャージして使用する。

【スタンダードチケットの購入方法】

  1. 駅を探す。
    街の中心部は地下にあり、地上にはMRTのロゴマークがある。
    郊外の駅は高架上にある場合が多い。
  2. 切符を買う。
    スタンダードチケットは自動販売機で購入またはチャージする。
    ①初回購入時はタッチパネル左の「Buy Standard Ticket」を選び、「Map」か「Station Name」を選ぶ。
    ②「Map」を選ぶと路線図が表示されるので行き先を選ぶ。
    ③デポジット¢10を含む料金が表示されるので、表示がゼロになるまで必要金額を投入するとチケットが出てくる。
    ※料金はS$5以下の紙幣と、10¢以上の硬貨のみしか使えない。
  3. 改札を通る。
    改札はすべて自動で、緑色の矢印ランプから入る。チケットやカードを改札ゲートのセンサーにタッチするだけ。
  4. ホームを確認して乗車する。
    案内板に従ってホームへ降り、電車を待つ。複数路線が乗り入れる駅では、ホーム案内が色別で表示されている。

タクシー

街中を多く走っていて、料金も日本の3分の1程度なので、気軽に利用できて便利。
初乗り1kmまでS$3.20~3.40、以降10kmまで400m毎にS$0.22が加算される。
※割り増し料金あり。
深夜料金:24~翌6時は、50%増し。
ピーク時間帯:平日6~9時、毎日18~24時は、25%増し。

  1. タクシーを拾う。
    車上のランプが緑なら乗車可能。赤なら乗車不可。
    朝夕の通勤時間帯や郊外ではなかなか拾えない。ホテルやショッピングセンターのタクシー乗り場を利用しよう。
  2. 乗車する。
    ドアは手動なので、自分で開けて乗る。行き先を告げればOK。
    発進時にはメータが作動していることを確認すること。
    また、後部座席でもシートベルトの着用が義務付けられている。
  3. 支払して降車
    基本的にはチップは不要なので、メーターに表示された金額を支払うだけでOK。
    ※停車後、トータル料金が大きく増える場合があるが、時間割り増しやエリア割り増しなどが加算されているため。

バス

路線は複雑で車内案内もないので観光客には難しいかも。
主要路線を覚えておくと郊外に行くときは便利。

  1. 乗車する。
    路線番号と行き先を確認したら、手を挙げてバスを止める。
    バスの前方から乗車する。
  2. 料金を払う。
    ドライバーに行き先を告げ、言われた金額を料金ボックスに入れて、ディスペンサーから出てくるチケットを受け取る。
    ez-linkカードの場合は、センサーにタッチすればOK。
  3. 降車する。
    降りるバス停が近付いたら、ボタンを押して知らせる。
    ez-linkカードの場合は、降車扉横のセンサーにタッチしないと、次の使用時にエラーとなるため忘れないように注意。

エアポート・シャトル

市内のホテルまで格安(S$9)で行ける。
到着ロビーにあるグランド・トランスポート・デスクでホテル名を告げて申し込み。基本的には人数が集まったらドライバーが車まで案内してくれ、出発する。
料金は、到着後に直接ドライバーに支払う。

危険エリアはある?

特に危険エリアといわれるエリアはない。
ただし、夜間の一人歩きや、人通りの少ない路地裏などには行かないようにする注意が必要です。

その他、注意点は?

シンガポールのルール違反で、罰金に注意!

  • チューインガムの持ち込み
    【罰金:最高S$10,000】
    所持するだけで罰金になります。日本からの持ち込みも禁止ですので、ご注意ください。
  • トイレ後の水洗
    【罰金:最高S$150】
    トイレの使用後にミスを流さないことで罰金が科せられます。使用後には忘れずに水を流しましょう。
  • 道でのポイ捨て
    【罰金:初犯S$2,000】
    あらゆるもののポイ捨ては禁止。
    再犯では、罰金額も増加していくので要注意です。
  • 横断歩道以外での横断
    【罰金:初犯S$1,000】
    横断歩道や歩道橋、地下道から50m以内の場所で道路を横断するのは違反です。
    再犯時には、罰金額が増加していくの要注意です。
  • 地下鉄での飲食
    【罰金:最高S$500】
    車内での飲食は禁止です。
    水を飲む、飴をなめる。行為も違反となりますので、ご注意ください。
  • 禁煙エリアでの喫煙
    【罰金:最高S$1,000】
    ホテル、レストラン、美術館、デパートや公共施設内での喫煙は禁止。喫煙コーナーを探してから喫煙しましょう。

行動プラン

1日目

日本の出発便の時間によるが、シンガポールに到着するのは、早朝または夜間に分かれると思います。

夜間到着の場合

マリーナベイサンズの夜景&ナイトショー「ワンダー・フル」を鑑賞しましょう。

「ワンダー・フル」は、約13分間のショーで、開催時間は、20時~、21時30分~(、金土は23時~)

早朝到着の場合

以下「2日目以降の終日フリープラン」を参考にしてください。

2日目以降の終日フリープラン

プラン①:定番コース

9:00 マーライオン像にご対面 S$0
マーライオンと一緒に様々な写真を撮って記念に。
また、マーライオン像の後ろには2体目のミニマーライオンがいるので要チェック!!
10:00 サンズ・スカイパークから街を一望 S$23
地上200mからベイエリアを見渡すことができます。
※チケット購入は地下1階にて。
11:00 ショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズでウィンドウショッピング
3フロアのショッピングモールで、高級ブランド以外にもシンガポール生まれのファッションアイテムなどを見て回るのも楽しい。
12:30 サンズ地下2階のフードコートでランチ
20軒以上が集まるフードコート「ラサプラ・マスターズ」で屋台料理を味わう。
14:00 シンガポール・フライヤーで360度パノラマのおどろき S$33
世界最大級の大型観覧車に乗って、乗車時間約30分の空の旅。
15:30 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで空中散歩 S$5
スーパーツリー・グローヴに登り、地上22mの遊歩道を空中散歩。
16:30 温室ドーム・冷室ドームの両方で珍しい植物を鑑賞 S$28
「フラワードーム(温室)」「クラウド・フォレスト(冷室)」で希少な植物を鑑賞する。 ※2ドーム共通
19:45 2大ナイトショーを鑑賞① S$0
「OCBCガーデン・ラプソディー」を鑑賞。幻想的な10分間のショーを堪能!
20:00 2大ナイトショーを鑑賞② S$0
or 21:30 マリーナ・ベイ・サンズのナイトショーを堪能!!
レーザーと音楽、噴水が織りなすナイトショー「ワンダー・フル」で圧巻

 

プラン②:3大動物園でアニマルワールドに冒険だ!

8:30 シンガポール動物園に到着 S$69
チケット購入 共通チケット(3園+ジュロン・バード・パーク)
9:00 「ジャングル・ブレックファースト」で非日常の朝食 S$35
オランウータンたちと一緒に朝食が食べられるビュッフェスタイルの朝食を堪能。
10:30 「スプラッシュ・サファリ」で愛らしいアシカを堪能 S$0
約20分のアシカショー。
11:30 「エレファント・アット・ワーク&プレイ」でゾウさんを応援 S$0
約30分のゾウさんのショー。
12:30 「レインフォレスト・ファイト・バック」で感動 S$0
約20分の森林伐採に対する住民と動物たちのショー。
14:00頃 「トークン・フィーディングタイムズ」で動物に餌付け S$?
シロサイ、ゾウ、ヤギ、キリンなどに餌付けができる。動物毎に時間が異なるので入り口で確認が必要
15:00 リバーサファリに移動 S$0
※共通チケット
19:15 ナイトサファリに入園 S$0
※共通チケット
19:15 日本語トラムを予約 S$10
入園と同時にチケット売り場に行き、日本語トラムを予約。早い者勝ちなので急げ!!
20:00 トラム乗車
園内を一周探索

 

プラン③:異国感溢れる街並みを堪能

※現在、計画中

 

最終日

復路のフライト時間によってプランが変わりますが、ほとんどがホテルのチェックアウト後に、空港への移動のみになるかと思います。

早朝のフライトも多いので、空港までの交通手段は事前に検討しておく。

お供したい旅行本

-旅行

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

旅行記:シンガポール3日目(3大動物園)

動物たちの楽園、3大動物園に行く シンガポールには、3大動物園があります。 「シンガポール動物園」(Singapore Zoo) 様々な動物たちが集まっている動物園。その中でも王様ホワイトタイガーは見 …

だれか~、富士サファリパークはお得に行きたいよ~~

はーい!「富士サファリクラブ」!! この会員カードで様々な特典を受けることができます。 しかも、年会費・入会費無料!! インターネットからの簡単申し込みで、特典が受けられるなんて申し込まない理由が見つ …

旅行記:シンガポール2日目(定番コース)

シンガポール2日目 1日目は空港内で時間がかかったので、マリーナベイサンズのナイトショーに間に合わず。本日からがシンガポール旅行の本番。 シンガポールの象徴『マーライオン(Merlion)』に会いに行 …

ゼロハリバートンの修理が1週間で上がってきた!!

ある日突然の出来事! 宅急便が届いた。 一つはAmazonで購入したもの。 もう一つは代引きのものだという。 代引き商品が届くことなんて認識はない!騙されないぞ!! との気持ちで玄関を出たところ、見覚 …

旅行記:シンガポール1日目(シンガポールへ移動)

成田空港より日本を出発!! シンガポール航空にチェックイン 成田空港第1ターミナル 4階 南ウイング『シンガポール空港』チェックインカウンターにてチェックイン。 ※通常はインターネット、またはチェック …